教会について

カルバリーチャペル読谷は、二ーリー・アンドリュー牧師と妻の香代のお家で2017年の8月に始まりました。

教会の場所は読谷村の田舎にあります。周りに住んでいる方々はほとんどサトウキビや野菜のハルサー(農夫)です。教会の建物は読谷村の瀬名波にある平屋の一戸建てです。畳も障子もあり、庭にはシークヮーサーの木がたくさんあります。

多文化の集会なので、礼拝はすべて英語と日本語、逐次通訳で行っています。礼拝はリラックスしたアットホームな雰囲気で、賛美は英語と日本語で歌います。

私達の心の願いは、沖縄の人々がイエス・キリストの恵みと赦しを経験し、イエス・キリストが与えられる永遠の命を受けることです。

Copyright©John McBade & Calvary Yomitan 2020 All rights reserved.
chevron-down